左:クウィーンズ区内の事故、中左:JFK空港内での事故、中右:クウィーンズボロー橋上での事故、右:SUV型のリモも負けずに事故を起こす
イエローキャブの運転手の99%は普通運転免許のみの所有なので事故が多いのは当然だ。営業免許(普通運転免許より上のクラス)を持っているドライバーなど100人に1人以下である。


リムジン・サービスのスマートな活用法

 




リムジンとタクシー


イエロー・キャブ
Crown Victoria
5人乗り

通常セダン型リムジン(5人乗り)
リンカーン・タウンカー

通常セダン型リムジン(5人乗り)
キャデラック・セダン

雨、風、雪に強いSUV(5人乗り)
しかも燃費の良い日本車


大型SUVリモ
セダン型リムジンの1.8倍から2倍の料金


リンカーン・ナビゲーター
SUV 8人乗り


キャデラック・エスカレード
SUV 8人乗り


改造車 リモ
セダン型リムジンの3倍から5倍の料金

ストレッチ型リムジン
6-8人乗り

ストレッチ型リムジン
8-12人乗り

イエローキャブ(クラウンビクトリア)とリムジン(リンカーン・タウンカー)は 良く似ていますが別の車です。

又、Town Car Executive-L はタウンカーですが別の車です。 は後部客席用のドアーが通常のタウン・カーよりも10インチ(25センチ)大きいので 乗降が楽にできます。同じに見えても違う車です。

走行安定性が良いということでFF(前輪駆動)が主流の現在の車社会において数少ないFR(後輪駆動のみ)の車が、タウンカーです。

又、このタウンカーは2009年型モデルを最後に製造停止と言われています。

通常型タウンカー100台に対してExecutive-L型は15-20台くらいしか使われていません。

ストレッチ型リムジンは自動車メーカーが製造するリンカーンやキャディラックを改造して胴長にした車です。 自動車メーカーが製造している車ではありません。



庶民のデパート ”Macy’s” は34丁目のエンパイアーステートビルから歩いて5分ほどの距離に位置し、今から70年ほど 前の1930年代はここがニューヨーク、マンハッタンの中心であったことを忍ばせます。
その後北へ北へと街が発展して行き現在は40番代、50番代のストリートにビジネス街が集中しています。 ブロードウェーの中心は42丁目から48丁目の間のTime Squareがその中心です。
単体のデパートとしてはその敷地面積と売り場面積の大きさでは世界一の規模を誇ると言われているメーシーズのデパート辺りも変わらない活況を呈しています。 近くにPenn Stationがあるのもその理由です。
一度は買い物をしてみましょう。
リモを待たせておけば買い物袋が増えても安心して買い物ができます。


 
マンハッタン島とルーズベルト島にはロープウェイが通っている

タクシー代わりで便利なのがリムジン


■単なるタクシーの代わりではなく以下のような使い方をされたら便利なのがリムジンです。

(1) 遠来のお客様を駐在員の人が空港へ迎えに行くことが良くあります。
ニュージャージー州バーゲン・カウンティーからJ.F.K.に迎えに行く場合等行きに1.0-1.5時間、到着から税関を通ってロビーに 出てくるまでに1時間は普通、それから駐車場へ歩き、料金を払ってまたニュージャージーに戻るまで1.0-1.5時間、朝夕のラッシュ アワーに掛かると2時間も掛かる場合があります。空港に送る場合も同様です。 最悪のケースでは一回の送迎で4-5時間もの時間(JFK空港に出迎えに行って戻るケース)を費やすことになります。 いくら若い人が送迎に行くとはいえ、駐在員の人件費はそんなに安くないでしょう。
リムジンを活用すればそれがわずか$100そこそこで済むことになります。


(2) 飛行機の時間の関係で空港から直接客先に行った方が時間の節約になる場合もあります。  しかし、荷物を持ったまま客先に行きたくない場合や相手もいます。
そのような時には、単なる「空港送迎」ではなく、「時間貸切」で予約をすることができます。
レート表の「3時間貸切」は$220.00です。 4時間になると$65.00が加算されて$285.00になります。 いずれも一回ポッキリの空港送迎よりは時間当たりの単価が安く設定してあります。  これはお客様が到着ロビーに出てきた時点から計算しますので無駄な計算にはなりません。


(3) ホテルにチェックインできるなら荷物を置いてその足で客先に向かうこともできます。
マンハッタン内なら余り心配ありませんが、NJ側とかWestchesterまで行く場合等はご存知のようにマンハッタンでタクシーを拾うのは簡単ですが、帰り道の車は電話で呼ぶ必要がありますが(流しのタクシーはありません)、その面倒くささから解消されます。 又、電話でタクシーを呼んでもも30分以上待たされる場合が普通です。 車社会のアメリカですからニューヨーク市内を除くと車を何台も抱えるタクシー会社はほとんどありません。(1-5台が普通)
ニューヨーク側からNJ側に移動する場合は「運賃の2倍ルール」がありますのでタクシー代も安くありません。


(4) 訪問先の会社に与える印象
郊外の会社を訪問する場合は相手が自社ビルを持っていることがほとんどですが(特にメーカーの場合)、その玄関に車を着ける際にイエローキャブと黒塗りリムジンでは相手側の受ける印象が違ってきます。
訪問先の相手がこちらがリムジンに乗ってきたかどうかは分からない場合が多いでしょうが、帰り際に玄関まで送ってくれるような場合があるとその時に差がでます。(余裕を見せることができます)
丸一日訪問先に滞在するような場合は行きと帰りに分けて車を別オーダーすることもできます。
この場合は貸切よりも経費の節約ができる場合があります。


(5) 限られた時間内で効率良く会社訪問をする場合
経費的に見れば空港でレンタカーを借りて移動するのが一番の安上がりかと思いますが、特にマンハッタンの場合はホテルに駐車場が付いている場合はほとんどなく、駐車場代($30-$40ドル)はばかになりません。 一晩の駐車代が1日のレンタカー基本料金よりも高い場合もあります。
また、慣れない場所でレンタカーを効率良く利用するのも骨が折れる場合があります。
特に日本から出張してきた場合等いきなりレンタカーを運転するのは怖い場面もあります。
このような場合にはリモを時間で借り切り効率よく無駄なく限られた時間内で最大限の訪問先をこなすことが可能になります。貸切りの場合はニューヨーク近郊であれば幾ら走っても走行距離で料金が上がることがありません。
タクシーは走れば走るほど料金が上がります。(停まっていても料金は上がります)


(6) お客様の接待又は観光目的
「遠来のお客様にマンハッタンやNJを見せてやりたいが、時間が・・・」という場合もあります。 このような場合はリムジンを時間で借りて「市内の案内をしてもらう」という使い方もできます。
Creative System の岩崎はNJ在住22年のキャリアがありますのでNYCのこともNJのこともとことん知り尽くしております。単なるリムジンの運転手だけではありません。 「観光運転手」としてもPRしています。
旅行会社に市内見学を依頼することもできるでしょうが、その費用はばかになりません。 Creative System では通常料金で観光案内も致します。
更に色々なサービスも提供できます。
[旅行関係] [特別な行事関連]



(7) 中距離出張は車がお得
例えばボストン出張の場合、出発便はセキュリティー・チェックが厳しいので出発時間の2時間前にターミナルに来るよう航空会社は案内しています。(1時間を切ると乗り損ねる危険性が増します)
マンハッタンからラガーディア、ニューワーク空港まで30-50分の時間をみてホテルを出ます。  2時間前に空港に着きチェックインとセキュリティー・チェック。
航空会社のスケジュールではニューヨーク・ボストン間は1.5時間の時間をみています。(航空管制が混雑するためです。実飛行時間は60分ほど。)
飛行機がボストン・ローガン空港に着陸後乗客がターミナルを出るまで約20分(預け手荷物があれば更に時間を要します)。
それからタクシーか地下鉄でボストンのダウンタウンまで15分ほど・・・
マンハッタンのホテル等から飛行機でボストンに行く場合でも ドアー・ツー・ドアーの時間は合計すると約4.5時間~5時間弱も掛かることになります。


運転手

日系各社のホームページを良~く見てください。「日本人運転手」と書いていない場合(日本語でお手伝いとか、対応とかは書いてあっても)に 日本人の運転手が来ることはありません。通常は韓国人か地元アメリカ人(白人、黒人)の運転手となります。イエローキャブ(いわゆる 流しのタクシー)の場合はターバンを巻いたインド人とかアラブ人も多いですが、私共がJFKのJAL、ANAの到着ロビーで見る限りでは リモの運転手にはインド人とかアラブ人はほとんどいないに等しいと思います。

料 金

料金はすべて固定料金であるため「乗った後で料金が違った・・・」ということはありません。 事前に予約を頂いた範囲の時間で終わる場合には料金は一切変更がありません。
※利用の途中でお客様の都合で時間を延長する場合は料金の変更も有り得ます。

空港 ワースト3


夏場のストーム(夕立、雷雲)や冬場の雪で2-4時間の遅れが出ることは普通です。 特に最終便を利用する予定の場合は便をキャンセルされることも度々あります。
最近のニュースではニューワーク空港、ラガーディア空港、JFK空港は定刻発着率が「全米のワースト3」と言われています。 天候は晴れでも風が吹けば2時間遅れ、雨が降れば3時間遅れは普通というのが上記三空港です。
しかし、アメリカ西海岸を含む長距離国内線や国際線をご利用のお客さんはご安心下さい。優先的に離発着をさせています。
これはちょっと前の話になりますが南米コロンビアのアビアンカ航空がJFK空港に向っていた際に悪天候で空中待機を 長時間させられて、あろうことか「ガス欠」でケネディー空港の東20kmの地点に墜落してしまい149人の犠牲者を出してしまった事故の教訓から来ていると思われます。  Wikipedia事故詳報


ボストン、ワシントンDCは遠いか近いか?


車で行っても普通なら4時間、時間が掛かっても4.5時間です。
ニューヨーク・ボストン間は225マイル(360km)です。全て高速道路を走ります。
大きなスーツケースがあっても引っ張って歩く必要はありません。
ワシントンD.C.の場合は4.5時間から5.0時間です。(255マイル)



注意: 
橋やトンネル及び有料道路を多用(複数回、行ったり来たり)するような場合はそれらの料金は含まれていませんのでご注意下さい。
1.GWブリッジ:$15.00、リンカーントンネル:$15.00、 ホーランド・トンネル:$15.00 (以上マンハッタンに入る場合)
2.ミッドタウントンネル:$8.00、トライボローブリッジ:$8.00、ブルックリン・バッテリーパークトンネル:$8.00(以上、通過の度に料金が発生)
3.ベラザノブリッジ:$15.00(ブルックリンからスタテン島に渡る際に料金が発生)
4.NJターンパイク:移動距離により料金は変動
5.ガーデン・ステート・パークウェイ:移動距離により料金は変動

(マンハッタンとJFKを何度も往復するような場合を除いて、空港からホテル或いは自宅、又はその逆に一回乗車をする場合には上記料金はすでに含まれております)



ヤンキースはニューヨークっ子の憧れの的

Creative System Services

Designed by C.S.S.(Creative System Services)
Creative DVD Yoraku Hitorigoto Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo